「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!
ブログトップ

sex pistols archives

yart1969.exblog.jp

SOUNDS January14 1978

ピストルズU.S.ツアー開始を伝えるSOUNDS誌。
日付は、そう1978年の1月14日。
サンフランシスコのウィンターランドのステージの上でジョニーが解散を宣言した当日、地球上でPISTOLSが最後にプレイした日に発行された新聞だ。
すなわち、この新聞をいち早く手にした英国のパンクスはその何十時間後にPISTOLSが解散するとは夢にも思っていなかっただろう。
a0044321_1195182.jpg


a0044321_120953.jpg

[PR]
# by yart1969 | 2006-03-15 01:21 | news paper

WEMBLEY ROCK FESTIVAL

英国の大衆紙イブニングスタンダード別冊のWEMBLEY ROCK FESTIVALのプログラム。
a0044321_9554988.jpg

72年、イギリスは折りしもテディボーイリバイバルが起き、それらのバンドが集まるイベントが行われた。
ファッションもテディボーイスタイルが復活しリーゼントにエドワードジャケット、クリーパーシューズというスタイルがヒップだった。
当時マルコムマクラレンとヴィヴィアンウェストウッドのショップもそれらのスタイルを取り扱っていた。
ウェンブリーで行われたそのフェスに出店し、売れ残ったTシャツをマルコムが切り刻み、その後ヴィヴィアンがリペア、カスタムした物を店頭に並べたのが店のスタイルが変わっていく要素の一つだった、とマルコム自身が回顧しているがどこまでが本当なのだろう…
ただし当時のLET IT ROCKがテディボーイスタイルを売る店の筆頭だったことは確かなようだ。このプログラムでも2ページに渡り特集されている。(ドンレッツが店頭に立っていたアクメアトラクションズも同様の商品を扱っていた。)
a0044321_9562263.jpg

[PR]
# by yart1969 | 2006-03-06 09:56 | news paper

HOLIDAYS IN THE SUN

ベルギーの旅行会社のパンフレットから借用したというスリーブはもはや説明不要。
今ではそのパンフレットのほうがコレクターアイテムか?
横に並べた同デザインの7inchと並べることでポスターの大きさが分かるだろうか。



a0044321_0412785.jpg



かなり昔に原宿のパンク屋SMASHの店頭で普通のポスターに混ざって売られていたのを破格の値段で買ったポスターだが今では取引される値段も何倍にもなり、買ったお店も何年か前に突然大阪に移転した後、閉店してしまったとか…
[PR]
# by yart1969 | 2006-03-06 00:36 | POSTER

「REBEL ROCK」 by DENNIS MORRIS 

一昨年に日本でも個展を開いたデニスモリスによる85年に出版されたPISTOLSにとっては初?のフォトグラファーの作品集という形態の写真集。77年6月のJUBILEEボートトリップごろから7、8月のスカンジナビアツアー、SPOTSツアーあたりの絶頂期を収めている。

a0044321_122018.jpg




初版はレコジャケサイズの正方形、のちに(87~8年頃?)A4サイズに変更され出版(収録さ
れている写真は若干違う)。

a0044321_132663.jpg


a0044321_14127.jpg




現在は大幅に写真を増やしタイトルを「DESTROY」に替えて出ている。

以前に、この写真集でジョニーが着ているセーターの実物を入手したのだがかなりボロボロになっていた。
[PR]
# by yart1969 | 2006-02-21 16:20 | book

from beyond the grave

79年2月2日彼がオーヴァードーズで逝ってから27年。
未だナンシー殺害や彼の死は謎のままとされている部分が多いが今後それは明かされる事は決して無いだろう。真相を知る何人かや直接的にではないにしろ手を下した人間ももはや生きてはいないかもしれない。
俺が始めてピストルズを聞いたときにはすでに彼はロックンロールの神話の一人だったから、とりたてて今日この日に対する思い入れは薄い。
だが、タイトルにあるようにこの日が来るたびに彼を墓から掘り起こしてメシの種としようとする人種は絶えることは無いだろう。

R.I.P...

「SOMETHING ELSE」
死後3週間というタイミングで発売され、それ故、初回出荷は「GOD SAVE THE QUEEN」の倍だった。


a0044321_1219382.jpg
a0044321_12121627.jpg

[PR]
# by yart1969 | 2006-02-02 12:19 | POSTER

THE HEYDAY

76年6月4日、英国北西に位置する工業都市マンチェスターでのピストルズのGIGには僅か42人のオーディエンスしかいなかった。しかし、その中には後にザ・スミスを結成するN.Y.DOLLS狂のモリッシー、JOY DVISION→NEW ORDERのメンバーイアンカーティス達、バズコックスの4人が居合わせた。
衝撃を受けた彼らはすぐにバンドを始め世界に名を馳せていく。

そしてもう一人マンチェスターでピストルズに衝撃を受けた男がいた。

マンチェスターのグラナダTVのテレビマン、トニーウィルソン。
彼は共同でレコードレーベル「FACTRY」を立ち上げマンチェスターの音楽シーンをバックアップすると共に所属バンドの活動の場として80年代、世界でもっとも有名なクラブと称された「クラブハシェンダ」を運営する。




と、言うのがサッカー観戦以外に娯楽の少なかったイギリスの工業都市マンチェスターの音楽シーンの成り立ちだが、その「FACTRY」レーベルからピストルズ作品がリリースされていた。
と言っても楽曲では無くインタビューテープである。
A面がシドとスティーブ、B面がジョニー、ポールそして何故かマルコムの祖母。
当たり前だがこのテープにも通常のレコード同様FACTRYの通し品番が付いているのだが「クラブハシェンダ」にも番号が付いていたそうだ。
レコードもインタビューテープもクラブも同じレーベルの作品(商品)として考えていたのか。


a0044321_16425089.jpg

[PR]
# by yart1969 | 2006-01-31 16:28 | cassette

SPIRAL SCRATCH #7

89年発行のレコードコレクター向けの雑誌。(編集長は"THE SEX PISTOLS DIARY DAY BY DAY"の編者LEE WOOD、後に多くのPISTOLS関連の本を書くアラン・パーカーもエディターだった。90年代になって廃刊。)
おまけで「SID VICIOUS&THEFRIENDS」名義の「(DON'T YOU GIMME)NO LIP/(I'M NOT YOUR)STEPPIN' STONE]の7inchが付いていた。
この号では70S PUNKのレア盤やファンジンの特集をしていて資料的価値もある。(メインの特集はマドンナだけど)
15年以上前のレア盤プライスランキングも載っているが、今ではほとんどが値上がりしているし再発なども進み若干バランスが違うだろう。
70S PUNKとEALY80S NEW WAVEを通してもやはり1位はA&M盤の「GOD SAVE THE QUEEN」だがこの時点で£500のプレ値。でも今の半額以下ぐらいかな。
a0044321_17232560.jpg
a0044321_17235154.jpg

[PR]
# by yart1969 | 2006-01-30 17:25 | magazine

SEX PISTOLS 6PACK

a0044321_15103445.jpg
1980年リリースのシングル6枚セット。既出シングル曲の組み合わせ+COOK,JONESクレジットの「Black Leather/Here We Go Again」の2曲の全12曲。
「Black Leather/Here We Go Again」の2曲は当時日本のベスト版「THE VERY BEST OF SEX PISTOLS」にしか収録されていなかったので英国では初リリース。しかし音は完全にPROFFESIONALSのそれだ。PROFFESIONALSだと割り切って聞けばいい曲だと思うんだけど…

a0044321_15142558.jpg■英国版
6枚が縦に入るプラスチックウォレットタイプのケース入り。同仕様のフランス版もあるらしいが未見。


収録曲
●God Save The Queen/Pretty Vacant

●Holiday In The Sun/My Way

●Something Else/Silly Thing

●C'mon Everybody/The Great Rock'n'Roll Swindle

●(I 'm not your)Stepping Stone/Anarcy in the U.K.

●Black Leather/Here We Go Again



















■同内容のギリシャ盤のボックスセット仕様。スリーブの紙質なども異なる。
a0044321_1523877.jpg

[PR]
# by yart1969 | 2006-01-24 15:28 | record

ROLLINGSTONE誌

オーストラリア版のローリングストーン誌77年10月20日号。
a0044321_333936.jpg


ザ・グレートロックンロールスウィンドルの冒頭、ゴードンの騒乱を再現するシーンでニューゲート監獄から脱走し処刑される囚人はなぜかセックスピストルズのメンバーそっくりで、絞首台の周りに集まる観衆は19世紀のファッションなのにエレキギターを持っていたりスパイキーヘアだったりとセディショナリーズを着ていたりと無茶苦茶な設定。そこで監獄に放たれた火の中にネバーマインドザボロックスのレコードと一緒にこの新聞も燃えている。映像は放火された火とマルコムの部屋と思しき場所の暖炉がシンクロしていく。


■このイギリスの史実にある暴動では無政府主義者や反キリスト論者が参加していたためマルコムマクラーレンがロンドンの70年代後半におきた当時のパンクシーンをその史実にイメージを投影していたのだ。また、この史実が作中に登場する「バーナビーラッジ」や「オリバーツイスト」を書いたチャールズディケンズがマルコムマクラーレンのお気に入りで小説の挿絵をピストルズのフライヤーに流用したりするほどだった。

マルコムは「オリバーツイスト」に出てくる孤児たちの格好とジョニーロットンのボロボロのファッションをダブらせていたようだ。今月末公開のロマン・ポランスキー監督の映画「オリバーツイスト」は時代考証がしっかり出来ているためそういう視点で観るのもピストルズファンとしては面白いかもしれない。

a0044321_3333471.jpg



オーストラリア版の為、レコードの広告もWIZARD RECORDSの名義だ。
[PR]
# by yart1969 | 2006-01-18 03:37 | news paper

シートミュージック

あまりコンディションが良くないので気が引けるんですが前回紹介したものと同様の楽譜です。こちらは英国版(VIRGIN名義)になってます。
a0044321_14174970.jpg

[PR]
# by yart1969 | 2006-01-17 14:18 | goods